海外FXで借金をするリスクはありますか?

Q.海外FXで借金をするリスクはありますか?

Answer

海外FXでは

  • 追証ゼロ(ゼロカットサービス)

が導入されています。ほとんどの海外FX業者は「追証ゼロ(ゼロカットサービス)」を導入しています。

このサービスは

相場の急変動時に、ロスカット(強制ロスカット)が間に合わずに投資家の口座残高がマイナス残高になってしまった場合に、マイナス分は、海外FX業者が補填するサービスです。口座残高はマイナスから0円にリセットされます。

国内FXの場合は、ロスカット(強制ロスカット)が間に合わずに投資家の口座残高がマイナス残高になってしまった場合に、投資家が負担する仕組みになっています。投資家の口座残高にお金がないため、国内FX業者は「追証」という形で支払を要求してくるのです。マイナス分は、投資家が支払うまでは投資家の借金となります。

  • 海外FX → 損失の範囲は、口座残高の範囲内に収まる
  • 国内FX → 損失の範囲は、口座残高の範囲内を超えるリスクがある

という違いがあるのです。

つまり、

借金をして海外FX口座に入金しなければ、追証ゼロ(ゼロカットサービス)を導入している海外FX業者を利用する限り、海外FXトレードで借金を負うリスクはない

と言えます。

  • 海外FX → 口座に入金した口座残高以上の借金を負うリスクはない
  • 国内FX → 口座に入金した口座残高以上の借金を負うリスクがある

海外FXで借金をしてしまうリスクはある?

返済のあてのないクレジットカードで借金をして口座に入金してしまう!

ただし、海外FXの場合は、入金方法に「クレジットカード入金」が利用できるので、ここには注意が必要です。

クレジットカードは、1カ月後~2カ月後に銀行口座から引き落とされる決済方法です。1カ月~2カ月の間は、クレジットカード会社が立て替えてくれているのです。

銀行口座に資金がないのにクレジットカードを使って、海外FX口座に入金してしまうと、それは返済のあてがない借金となってしまいます。クレジットカードのリボ払いも、カードローンと同じ仕組みの借金の一種ですので、海外FXや投資に使うものではありません。

海外FXでは、クレジットカードで簡単に入金できる点が、借金を負うリスクがあると言えます。海外FXに限らず、投資は余裕資金でのみ行うことが基本です。

投資詐欺にあってしまう!

「海外FXで絶対に儲かるトレードツールがありますよ。」

みたいな詐欺にあってしまうと、借金を負うリスクも上がってしまいます。自分でトレードをしないということは、リスクも自分で把握、コントロールできないことになります。投資詐欺には注意が必要です。

海外FXで借金返済はできる?

できるかもしれませんがおすすめしません。

前述した通りで、投資は余裕資金で行うものであり、確実に返済しなければならない借金返済のために行うものではありません。投資で返済資金がなくなれば、借金の金額が増えるだけの結果に終わってしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。