海外FXスキャルピングおすすめ業者・おすすめ手法

海外FXスキャルピングとは

FXスキャルピングとは

数十秒~数分の間に売買を繰り返すことで収益を上げる短期取引の取引手法のこと

を言います。「スキャル」と訳されることも多いです。

FXトレードでは

取引時間・取引回数に応じて、取引手法が

  1. スキャルピング
  2. デイトレード
  3. スイングトレード
  4. 長期トレード(ポジショントレード・長期投資)

という4種類に分類されます。

取引手法1回の取引時間取引回数利幅為替リスク
スキャルピング数秒~数分1日に
数十回~数百回
1~10pips小さい
デイトレード数分~数時間1日に
数回
10~100pips小さい
スイングトレード数日~数週間1週間に
数回
100~500pipsやや大きい
長期トレード数週間~数ヶ月以上数カ月に
1回
500~1,500pips大きい

スキャルピングトレードは

  • 1回の取引時間:数秒~数分
  • 取引回数:1日に数十回~数百回
  • 利幅:1~10pips
  • 為替リスク:小さい

特徴があります。

短時間での小さい勝ちを多く積み上げていく、手数の多いトレード手法と言えます。

海外FXでのスキャルピングは向いている?

海外FX業者でスキャルピングトレードをすることを「海外FXスキャルピング」「海外FXスキャル」と呼びます。

海外FXの国内FXと比較した特徴は

  • レバレッジが大きい
  • スプレッドが広い
  • 追証がない
  • ボーナスがある
  • ECN取引が可能
  • 取引ツールは、MT4・MT5が一般的

などがありますので、必然的にメリットデメリットは下記のようになります。

海外FXスキャルピングのメリット

  • ハイレバレッジトレードができるため、小さい勝ち幅(pips)でも利益が大きくなる
  • ボーナスを利用してスキャルピングトレードが可能
  • 為替変動が大きくなり、ロスカットが間に合わなくても追証がない(証拠金以上の損失がない)
  • ECN口座であれば短期の売買でも遅延なく約定される

海外FXスキャルピングのデメリット

  • スプレッドが広いので、小さい勝ちを積み上げるときに勝ちにくくなる

海外FXでのスキャルピングは向いているかどうかで言うと

  • レバレッジが大きい分、小さい勝ちでも金額的に大きい利益になるメリット
  • スプレッドが広い分、小さい勝ち幅がさらに減るデメリット

のどちらもあるため、「どちらとも言えない」というのが正直なところです。

使い方によって、トレード方法によって、海外FXスキャルピングは、有効に機能する可能性があります。

海外FXスキャルピング禁止の業者、NGとOKの違いは?

海外FX業者の中には

  • スキャルピング禁止

を打ち出している業者もあります。

例:iFOREX

お客様は、市場濫用と定義される方法またはその他の不正な方法で取引プラットフォームを使用したり、注文をしたり、取引を開始したりしないことに、同意します。これには時間差取引やサーバーの遅延の利用、価格操作、時間操作、スキャルピング、他のすべての不法行為、お客様に不当な利益をもたらす行為、もしくは当社が本契約の範囲外で独自の裁量により不適切、もしくは不公正とみなした行為が含まれます。さらに、当社やそのサービスおよび特典を操作または乱用する目的で、別の口座との間で、または当社に関連する異なる名義の口座との間で、あるいは他社との間で、同じ銘柄または同様の銘柄のロングおよびショートポジションを同時に保有する行為もここに含まれます。

出典:iFOREX

これだけ見ると

  • iFOREXは、スキャルピング禁止

と書いてあるように見えますが

iFOREXのスキャルピングの定義は

スキャルピング = 1日10回から数百回に及ぶ取引

を意味しています。そのため、1日10回から数百回に及ぶ取引でなければ、スキャルピングと見なされないのです。

つまり、「1日10回以上のスキャルピング禁止」という形の条件付き禁止となっています。

例:GEMFOREX

スキャルピングに関するルール

オールインワン口座では特に厳しい制限は設けてはおりません。但し、お客様からのお口座から発生するメッセージが膨大な量となり、当社サーバーの執行能力に支障があると担当部門で認められます場合には、一旦取引停止となる場合がございます。また、場合によっては利用規約第12条18項とし、同規約第20条2項に沿った処置を行わせて頂く場合もございますので、極端な取引はお控え下さい。以前の事例となりますが、短期間(5分間を目安)に往復合計10LOT以上での連続したお取引を継続された結果、カバー先にて予告無く取引停止となり、該当取引分につきましてdeal cancelとなったケースがございました。その結果、利用規約第12条18項とし、同規約第20条2項に沿った処置となりました。また、そこまでの処置にはなりませんが、極端な証拠金率における回転率と判断され、注文が入り難くなる場合もございます。ご参考の上、ご心配な場合には一度弊社まで確認のご連絡を頂きますようお願い致します。ノースプレッド口座でのスキャルピングに関するルールは、同ページ内「ノースプレッド口座について」、スキャルピングEAをご利用の場合には、「EA利用に関するルール」をご参照ください。

出典:GEMFOREX

GEMFOREXも基本的には

制限は設けてはおりません。

となっていますが

極端な取引はお控え下さい。

以前の事例となりますが、短期間(5分間を目安)に往復合計10LOT以上での連続したお取引を継続された結果、カバー先にて予告無く取引停止となり、該当取引分につきましてdeal cancelとなったケースがございました。

とあるように、スキャルピングで取引がキャンセルされた事例があるので、条件付きスキャルピングOKの海外FX業者と言えます。

なぜ、スキャルピング禁止の海外FX業者があるの?

スキャルピングトレードは

  • 数秒~数分間のトレード

です。

数秒、数十秒に一回のトレードを繰り返されてしまうと、海外FX業者にとっては

  • サーバー負荷が大きくなる
  • カバー取引が間に合わない

という状況に陥りやすいのです。

そのため、

  • サーバーの体制が整っていない海外FX業者
  • 呑み取引(DD取引)を採用していてカバー取引が必要な海外FX業者

は、「スキャルピング禁止」としているケースが多いのです。

一方で

  • サーバーの体制が万全な海外FX業者
  • NDD取引ですべてインターバンク市場に注文を投げている海外FX業者

であれば、スキャルピングトレードによるダメージは少ないため、「スキャルピングOK」としているんどえす。

スキャルピングOKの海外FX業者の方が、トレード環境が整備されていると言っていいでしょう。

海外FX業者のスキャルピングNG、OKリスト

スキャルピング禁止の海外FX業者

スキャルピング条件付き禁止の海外FX業者

スキャルピングOKの海外FX業者

条件付き禁止の海外FX業者でも、どれだけのトレードで禁止になるのか?見えない部分も大きいので、海外FXスキャルピングをやる上では、スキャルピングOKの海外FX業者を利用する方が無難です。

スキャルピングで海外FX業者を選ぶポイント

1.スキャルピングOKの海外FX業者を選ぶ

当然ですが

  • スキャルピングNG
  • スキャルピング条件付きNG

という海外FX業者でスキャルピングトレードをしてしますと

  • 口座凍結
  • 出金拒否

になってしまうリスクがあります。

選択肢としては「スキャルピングOK」の海外FX業者を選ぶしかないのです。

2.スプレッドが狭い海外FX業者を選ぶ

スキャルピングトレードでは

  • 1回のトレードの損益:1~10pips

と、小さな勝ちを積み重ねるのがスキャルピングトレードです。

一回のトレードの勝ち幅が小さいのですから

  • スプレッドが広ければ広いほど、1回のトレードの利益は小さくなる
  • スプレッドが狭ければ狭いほど、1回のトレードの利益は大きくなる

のです。

小さい勝ちだからこそ、スプレッドの狭い、広いが損益に大きな影響を与えることになります。

スキャルピングトレードでは、スプレッドが狭い海外FX業者を選ぶ必要があります。

3.約定力が高い海外FX業者を選ぶ

スキャルピングトレードでは

  • 1回のトレードの損益:1~10pips

と、小さな勝ちを積み重ねるのがスキャルピングトレードです。

1回のトレードの損益が小さい分

狙ったタイミングで確実にエントリーできる必要がある

のです。

頻繁に注文が滑ってしまう約定力の低い海外FX業者を選んでしまうと、数秒の遅延が、トレー度戦略を崩してしまい、損益が不安定になってしまいます。

スキャルピングトレードでは、約定力が高い海外FX業者を選ぶ必要があります。

また、約定拒否がなく、確実に約定できるという意味では、ECN口座もおすすめです。

海外FXスキャルピングおすすめ業者

1位.TitanFX/Zeroブレード口座

  • ECN口座
  • スプレッドが狭く、取引手数料が安い
  • 東京サーバーを利用し、約定力が高い
  • スキャルピング可
  • 50以上のリクイディティプロバイダー

TitanFX
(タイタンエフエックス)

TitanFX(タイタンエフエックス)評判レビュー。10のメリットと6のデメリットでTitanFX口座を評価
海外FX業者レビュー評価
スプレッド・手数料
(5.0)
約定力・約定スピード
(4.5)
日本語サポート
(4.0)
海外FX業者の安全性
(4.0)
トレードツール
(4.0)
情報コンテンツ
(3.0)
入金・出金
(3.5)
ボーナス
(2.0)
総合評価
(4.0)

TitanFXボーナス

海外FX業者ボーナス種類ボーナス期限ボーナス額ボーナス対象ボーナス付与条件
メリット
  • 事業歴が長く、金融ライセンスを保有する信頼できる海外FX業者
  • スプレッドが狭い
  • 約定スピードが速い
  • トレードコストの安いECN口座も、最低入金額2万円で利用可能
  • MT5(メタトレーダー5)が利用可能
  • コピートレード「ZuluTrade(ズールトレード)」が利用可能
  • 国内銀行送金が可能
  • 週間配信の市場分析レポートがある
  • CFD商品も、ハイレバレッジ、低スプレッドでトレード可能
  • 本人確認書類提出なしで口座開設できる
デメリット
  • レバレッジは500倍と低めの設定
  • ボーナスはほとんどない
  • 口座の種類が少ない
  • CFDの取引商品が少ない
  • 取引ツールなどのバリエーションは少ない
  • 情報コンテンツの更新が不定期

TitanFX口座スプレッド・レバレッジ比較

口座の種類Zeroスタンダード口座/STPZeroブレード口座/ECN
取引手数料
(片道)
無料3.5ドル
平均スプレッド
米ドル/円
1.330.33
平均スプレッド
ユーロ/円
1.740.74
平均スプレッド
ユーロ/米ドル
1.200.20
最大レバレッジ500倍500倍
最低入金額2万円相当2万円相当

2位.AXIORY/ナノ・スプレッド口座

  • ECN口座
  • スプレッドが狭く、取引手数料が安い
  • 東京サーバーを利用し、約定力が高い
  • スキャルピング可
  • cTraderも利用可能

AXIORY
(アキシオリー)

AXIORY(アキシオリー)評判レビュー。15のメリットと6のデメリットでAXIORY口座を評価
海外FX業者レビュー評価
スプレッド・手数料
(4.5)
約定力・約定スピード
(5.0)
日本語サポート
(4.0)
海外FX業者の安全性
(5.0)
トレードツール
(4.5)
情報コンテンツ
(3.0)
入金・出金
(5.0)
ボーナス
(2.5)
総合評価
(4.5)

AXIORYボーナス

海外FX業者ボーナス種類ボーナス期限ボーナス額ボーナス対象ボーナス付与条件

AXIORY
入金ボーナス2023/2/28最大10万円全顧客リアルスタンダード口座、リアルナノ口座、リアルテラ口座
メリット
  • スプレッドが狭い
  • 約定スピードが速い
  • 高い透明性を持つ信頼できる海外FX業者
  • 全額信託保全
  • cTraderが使える
  • MT5が使える
  • オートチャーティストが使える
  • MT4を強化する無料インジケーター配布
  • 練習ツール「fxSimulator」が使える
  • 国内送金による出金ができる
  • CFD商品のスプレッドも狭い
  • 日本語サポートも手厚い
  • スキャルピングも、両建ても可能
  • 毎日マーケットニュースを配信
  • 不定期でボーナスキャンペーン実施
デメリット
  • レバレッジが最大400倍と低めの設定
  • ボーナスがほとんどない
  • CFD商品の商品数が少ない
  • トレードに役立つ情報が少ない
  • コピートレードプラットフォームはない

AXIORY口座スプレッド・レバレッジ比較

口座の種類スタンダード口座/MT4/STPナノ口座/MT4/ECNスタンダード口座/cTrader/STPナノ口座/cTrader/ECNテラ口座/MT5/ECN
取引手数料
(片道)
無料3ドル無料3ドル3ドル
平均スプレッド
米ドル/円
1.600.601.600.60
平均スプレッド
ユーロ/円
1.800.801.800.80
平均スプレッド
ユーロ/米ドル
1.300.301.300.30
最大レバレッジ400倍(~10万ドル)
300倍(~20万ドル)
200倍(20万ドル~)
400倍(~10万ドル)
300倍(~20万ドル)
200倍(20万ドル~)
400倍(~10万ドル)
300倍(~20万ドル)
200倍(20万ドル~)
400倍(~10万ドル)
300倍(~20万ドル)
200倍(20万ドル~)
400倍(~10万ドル)
300倍(~20万ドル)
200倍(20万ドル~)
最低入金額2万円相当2万円相当2万円相当2万円相当2万円相当

3位.TRADEVIEW/ILC口座

  • ECN口座
  • スプレッドが狭く、取引手数料が安い
  • スキャルピング可
  • cTrader、CURRENEXも利用可能

TRADEVIEW (トレードビュー)

TRADEVIEW(トレードビュー)評判レビュー。7のメリットと4のデメリットでTRADEVIEW口座を評価
スプレッド・手数料
(4.5)
約定力・約定スピード
(3.0)
日本語サポート
(3.0)
海外FX業者の安全性
(4.0)
トレードツール
(2.5)
情報コンテンツ
(3.0)
入金・出金
(4.0)
ボーナス
(2.0)
総合評価
(3.0)

TRADEVIEWボーナス

海外FX業者ボーナス種類ボーナス期限ボーナス額ボーナス対象ボーナス付与条件
メリット
  • 17年以上の事業歴がある海外FX業者
  • ケイマン諸島通貨局(CIMA)の金融ライセンス取得
  • ILC口座なら手数料2.5ドルで0pips~の安いトレードコストを実現
  • 50以上のリクイディティプロバイダーと提携し、高速約定を実現
  • MT4・MT5・cTrader・Currenexが利用できる
  • bitwalletをはじめ、様々な入金・出金が可能
  • 仮想通貨トレードが可能
デメリット
  • 最大レバレッジがILC口座で100倍と低めの設定
  • 日本語対応が手薄
  • 管理画面などが使いにくい
  • 最低入金額が若干高めの設定
  • ボーナスがない

TRADEVIEW口座スプレッド・レバレッジ比較

口座の種類xLeverage口座(MT4)/STPILC口座(MT4)/ECNcTrader口座/ECNCurrenex口座/STP
取引手数料
(片道)
無料2.5ドル2.5ドル3.0ドル
平均スプレッド
米ドル/円
2.000.600.600.60
平均スプレッド
ユーロ/円
0.800.800.80
平均スプレッド
ユーロ/米ドル
1.900.300.300.30
最大レバレッジ400倍100倍400倍400倍
最低入金額1万円相当10万円相当1万円相当1万円相当

海外FXスキャルピングおすすめ手法

順張りトレード「押し目買い・戻り売り」が鉄板

海外FXスキャルピングトレードは

小さい勝ちを積み重ねるトレード

です。

つまり、求められるトレード手法というのは

  1. 確実性の高い(勝率の高い)
  2. 再現性の高い(同じパターンが通用する)
  3. エントリー機会が多い

トレード手法です。

そこでおすすめしたいのは

  • 押し目買い・戻り売りトレード

です。

押し目買い・戻り売りトレードとは?

トレンドが形成されていて

  • 上昇トレンドが進んでいる中で一瞬だけ反対方向にトレンドが動いて、また元の上昇トレンドに戻る
  • 下降トレンドが進んでいる中で一瞬だけ反対方向にトレンドが動いて、また元の下降トレンドに戻る

動きに乗じたトレードです。

順張りのトレンドに乗っかって、さらに順張りの中の一瞬を狙うトレードですので、スキャルピングトレードにはうってつけのトレード手法と言えます。

「押し目買い・戻り売りトレード」には色々なやり方がありますが、今回は確実性の高いものを紹介します。

1.ボリンジャーバンドを利用した押し目買い・戻り売りトレード

ボリンジャーバンドとは

統計学の標準偏差を利用して、その確率に収まる割合(±1σ、±2σ、±3σ)をラインで表現したテクニカル分析のこと

  1. ±1σのラインに収まる確率:68.3%
  2. ±2σのラインに収まる確率:95.4%
  3. ±3σのラインに収まる確率:99.7%

ボリンジャーバンドの傾向

±2σのラインをはみ出す確率は4.6%しかないため、±2σのラインをはみ出すと±2σのラインの内側に戻る可能性が高い

  • 上昇トレンド中に+2σのラインより上にあれば、下降する可能性が高い
  • 下降トレンド中に-2σのラインより下にあれば、上昇する可能性が高い

トレード手法のやり方

200SMAを見て

  • 右斜め上に傾いている → 大きな上昇トレンド
  • 右斜め下に傾いている → 大きな下降トレンド

大きな上昇トレンド発生中

  • -2σにタッチする → 押し目と判断し、「買い」エントリー
  • そのまま上昇し、+2σにタッチする「利確」エグジット

大きな下降トレンド発生中

  • +2σにタッチする → 押し目と判断し、「買い」エントリー
  • そのまま下降し、-2σにタッチする「利確」エグジット

2.一目均衡表を利用した押し目買い・戻り売りトレード

一目均衡表とは

1936年に細田悟一氏が考案したとされている日本を代表するチャート分析手法で、時間を主体として値段を二次的なものとして扱っている「いつ」を分析することに特化したテクニカル指標です。

  1. 基準線:過去9日分のローソク足の高値と安値の中間値
  2. 転換線:過去26日分のローソク足の高値と安値の中間値
  3. 遅行スパン:終値を26日過去にずらした線
  4. 先行スパン1:当日の転換線と基準線の中間値を26日未来にずらしたもの
  5. 先行スパン2:過去52日分のローソク足の高値と安値の平均値を26日未来にずらしたもの
  6. 雲:先行スパン1と先行スパン2の間のエリアのこと

一目均衡表の傾向

実勢レートが雲にぶつかると反発する可能性が高い

  • 雲が分厚ければ分厚いほど、反発する力は強くなる
  • 雲が薄ければ薄いほど、反発する力は弱くなる

トレード手法のやり方

200SMAを見て

  • 右斜め上に傾いている → 大きな上昇トレンド
  • 右斜め下に傾いている → 大きな下降トレンド

大きな上昇トレンド発生中

  • トレンドが一時的に下降して分厚い雲に当たる → 押し目と判断し、「買い」エントリー

大きな下降トレンド発生中

  • トレンドが一時的に上昇して分厚い雲に当たる → 戻りと判断し、「売り」エントリー

海外FXスキャルピングのよくある質問

Q.海外FXハイレバスキャルピングで稼ぐことはできますか?

稼げる方も、稼げない方もいます。

稼げる方の傾向

  • メンタルが強い方
  • 安定して同じトレード手法を徹底できる方
  • 狙ったタイミング以外ではエントリーしない方

稼げない方の傾向

  • すぐに熱くなってしまう方
  • 同じトレード手法(損切・利確)を徹底できない方
  • すぐにポジションを持ちたくなってしまう方

Q.海外FXスキャルピングで口座が凍結された場合はどうすれば良いですか?

規約違反などに心当たりがまったくないのであれば、サポートに連絡すれば解決する可能性が高いです。

ただし、規約違反などでブラックリストに入ってしまった場合は、サポートからも連絡がなくなってしまうこともあります。

Q.海外FXスキャルピングでおすすめのブログはありますか?

当サイトでは個人のブログを紹介しておりません。

傾向としては、ブログで勝つためのトレード手法を公開するメリットは少ないため、自分でトレード手法を改良しながら、最適な方法を編み出すのがスキャルピングトレードで勝つための近道と考えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です