Home / プレスリリース / ブロックチェーンゲーム「くりぷ豚」配信開始のお知らせ【プレスリリース】

ブロックチェーンゲーム「くりぷ豚」配信開始のお知らせ【プレスリリース】

株式会社IndieSquare│2018年7月19日

初の国産Dappsゲームの登場です!

ブロックチェーンを使った独自トークンの発行及び、アプリケーション連携用のAPI/SDKsの提供を行っている株式会社IndieSquare(本社:東京都中央区、代表取締役社長:星野 裕太、以下IndieSquare )は、株式会社セレス(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長:都木 聡、証券コード:3696、以下セレス)と株式会社グッドラックスリー(本社:福岡県福岡市、代表取締役社長:井上 和久、以下グッドラックスリー)が共同開発したブロックチェーンゲーム「くりぷ豚」と提携し、提供中の「IndieSquare Wallet」にて同作を国産Dappsゲームとして初めて配信開始しましたことを、お知らせ致します。

IndieSquare,セレス,グッドラックスリー,くりぷ豚,国産Dappsゲーム,ブロックチェーン
(画像= ​Webサイトより)

 

IndieSquare Walletについて

「IndieSquare Wallet」は、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、カウンターパーティー(XCP)の3種類の暗号通貨に対応する2014年から提供中のiOS、Android対応モバイルウォレットサービスです。2018年6月には世界初となるビットコイン及びイーサリウムの複数ブロックチェーンに対応したDappsブラウジング機能を搭載しております。これまで培ったウォレット事業のノウハウのもと、サーバへ顧客の資産にアクセスするための秘密鍵を直接配置せずに、暗号化した上で安全にクライアント側に保管し、そこへ外部アプリケーションからアクセスする手段を提供します。これによりDapps開発者は秘密鍵を管理する必要が無くアプリケーションの開発に集中でき、利用者もアプリケーション毎にウォレットを切り替える煩わしさから開放され、簡単かつ安全にDAppsを利用することが可能となります。

くりぷ豚について

「くりぷ豚」は、ユーザーが豚のキャラクター「くりぷトン」をコレクションし、交配させ新種を誕生させたり、ユーザー間での取引が可能なゲームです。最大の特長はDappsとしてゲームを構築している点で、イーサリアムのブロックチェーンを活用しており、仮想通貨イーサを扱ったブロックチェーンゲームとなります。2018年6月18日の配信開始以来、多くのユーザーにプレイいただいており、これまで累計10,000匹以上の「くりぷトン」が誕生しております。

このたび「IndieSquare Wallet」上で国産ゲームである「くりぷ豚」の配信が開始されることで、既に暗号通貨を持っている層はもちろん、これまで暗号通貨自体に興味がなかった層の方々にも興味をもっていただくきっかけにもなると考えております。また、取引以外の暗号通貨及びブロックチェーンのユースケースとして「くりぷ豚」のようなゲームの認知が広まることで、より一層の業界の盛り上がりが期待されます。

特別企画

さらに今回の提携を契機として、「IndieSquare Wallet」と「くりぷ豚」にて特別企画を予定しております。
詳細につきましては決定後改めてアナウンスさせていただきます。

※Dappsとは「Decentralized Applications」の略称で、分散型アプリケーションとも訳され、中央集権(例:国・金融機関・企業・開発者等)に依存せずに機能するアプリケーションを指します

【株式会社IndieSquareについて】
URL: https://indiesquare.me

IndieSquare,セレス,グッドラックスリー,くりぷ豚,国産Dappsゲーム,ブロックチェーン

「トークンエコノミーで個人が輝く世の中に」をミッションとして2015年9月に設立されたブロックチェーンベンチャーです。ブロックチェーン技術により、個人でも安全に価値を創出し世界中に届けることが可能になりました。IndieSquareはこのテクノロジーを極限まで使いやすくし、個人の新しい経済活動の創出を手助けすることを使命としています。

【IndieSquare Wallet ダウンロード(iOS、Android)】
URL: https://wallet.indiesquare.me

【お問い合わせ】
support@indiesquare.me