Home / キャリア / いい転職エージェント、悪い転職エージェントの見分け方

いい転職エージェント、悪い転職エージェントの見分け方

【Sponsored】 (写真=PIXTA)
【Sponsored】 (写真=PIXTA)

誰でも一度は転職について考えたことがあるのではないだろうか。転職を考えたとき、多くのビジネスパーソンがまず利用するのが転職サイトだ。どんな企業が求人を出しているのか眺めてみたり、同じ職種の給与相場をチェックしてみたりと、転職サイトは情報収集の場としても役に立つ。

しかし、転職サイトだけでは物足りない場合もあるだろう。本当に自分が求めている仕事、職場を見つけるためには、もっと広くて深い情報が欲しくなる。そんな転職希望者の要望に応えるのが、転職エージェントだ。

転職エージェントは何をしてくれる?

多くの転職エージェントでは、求職者に対して専任の担当者がつく。キャリアコンサルタント、キャリアアドバイザーなどと呼ばれる担当者は、転職希望者のスキルや経験、適性などを見極めてアドバイスを行ったり、企業と調整・交渉したりしてくれる。

具体的な流れを見てみよう。まず、転職希望者がエージェントに登録する。申し込みはWebサイトから簡単に行える。都合のいい日に面談予約を入れて、カウンセリングに臨む。担当のキャリアアドバイザーが職務経歴や実績などをふまえてアドバイスを行い、適性に合った求人情報を紹介してくれる。

希望に沿った求人があれば、担当者が面接日時の調整をしてくれるし、あらかじめ確認したい条件などがあれば交渉もしてもらえる。面接や書類作成に不安がある場合は、アドバイスや指導を行ってくれるエージェントも多い。

■転職エージェントの種類

転職エージェントは、主に大手企業が運営する総合型と、金融業界・IT業界など専門分野に特化した特化型に分けられる。総合型は求人数の多さが売りであるし、特化型は深い専門性が魅力だ。

たとえば、「転職するなら絶対に金融業界で」と決めている場合は、特化型転職エージェントを中心に利用を考えてみるといいだろう。逆に、「営業系がいいけれど、業界については絞っていない」という場合は総合型転職エージェントからチェックしてみるといい。

このように、転職エージェントにはそれぞれの長所や特徴がある。では、数ある中から「いいエージェント」を選ぶにはどうしたらいいのだろうか。

いいエージェントの見分け方

いいエージェントのポイントとはどこにあるのだろう。いくつか挙げていこう。

●豊富な知識
求人情報が豊富であることも大切だが、担当アドバイザーがどれだけ業界や企業に関する知識が豊富なのかを見極めたい。広くて深い知識をもっているほど頼もしい。

●豊富な経験
実績があるアドバイザーなら募集企業との面識があるケースも多く、過去の事例など判断材料も持ち合わせている。また、転職希望者の適性を見抜く力もあるだろう。

●客観的な判断力
「希望職種は自分の適性に合っているのか」「その企業に合格する可能性はあるのか」など、転職に際して自分一人では判断しづらいこともある。客観的に判断して的確なアドバイスをしてくれるような担当者を見つけたい。

悪いエージェントとは?

逆に、「こういうエージェントはやめたほうがいい」という例を挙げていこう。

●結論を急がせる
「カウンセリングを軽く済ませ、一方的に求人を紹介してくる」「面接や結論を急がせる」といったケースは要注意。アドバイザーが営業成績のために、とにかく結果を出そうとしている恐れがある。

●希望に合わない企業ばかり勧めてくる

希望に沿わない企業ばかり勧めるというのも、アドバイザーの自己都合によるものだ。合格しやすい企業や面接数を稼ぎたい企業を勧めることで、自分の成績を上げたい、ラクをしたい、といった意識が働いている。

DODAは2人体制でサポート

一般的な良し悪しに限らず、転職希望者とアドバイザーの相性というのも実は大きなポイントだ。いくら実績のあるアドバイザーだとしても、相性が悪ければ話がこじれてしまうこともある。

転職エージェントによっては、担当者を変更できるサービスがある。「どうも話が合わない」「安心して任せられない」という場合は、遠慮せずに申し出てみるといい。

DODAの転職エージェントサービスに申し込むと、2人の担当者がサポートしてくれる。1人はキャリアアドバイザー。転職が成功するまで1対1でサポートしてくれる。たとえば求人の紹介、応募書類や面接のアドバイス、日程調整などはもちろん、さらにキャリアアドバイザーならではの提案もしてくれる。

もう1人が採用プロジェクト担当だ。こちらは、担当企業の採用計画や求める人物像をトータルに理解しているので、企業の人事担当者と同じ目線で、深くきめ細かい情報を提供してくれる。2人体制で転職までをバッチリサポートしてくれるのがDODAの強みだ。

また同社には業界ごとのキャリアアドバイザーが在籍。業界の求人動向に精通しているだけでなく、業種や職種ごとに異なる働き手の気持ちを踏まえたきめ細かいアドバイスをしてくれる。

当然、Webサイト上には公開されていない非公開求人(登録者限定で紹介が可能)も提案してもらえる。転職サイトなどを活用した情報収集をしながらも、本当に自分が求めている仕事、職場を見つけるために、DODAの転職エージェントサービスに登録してみてはどうだろうか。

【オススメ記事】
「人工知能が金融を支配する日」がくる前に日本の金融機関が置いていかれる
銀行エクゼクティブらの9割弱が「銀行の収益が奪われる」と確信
AIのリターン率は人間・クオンツの最高5倍「ヘッジファンド業績比較」
Amazonが現金払いサービス開始、プリペード感覚で利用できる「AmazonCash」
3メガバンクが取り組むフィンテックの動向 API、ブロックチェーン、ハッカソン……