GEMFOREXは、リアル口座でのMT5(メタトレーダー5)を導入

日本人投資家向けに海外FXサービスを提供するGEMFOREXは、2022年1月12日、リアル口座でのMT5(メタトレーダー5)を1,000口座限定で提供すると発表しました。

MT5(メタトレーダー5)の導入

  • 導入開始:1月17日(月)10時
  • 利用可能口座数:1,000口座限定
    ※2~3週間で、限定条件がなくなり、誰でもMT5(メタトレーダー5)を利用できる予定
  • 対応口座:オールインワン口座、ガチゼロ口座、レバレッジ5,000倍口座

利用可能なプラットフォーム

  • PC対応MT5
  • Mac対応MT5
  • Android対応MT5
  • iPhone対応MT5
  • タブレット(android)対応MT5
  • タブレット(iPad)対応MT5
  • GEM MT5 WebTrader

MT5(メタトレーダー5)とは

ロシアのメタクオーツ社(MetaQuotes Software Corp.)が開発したトレードプラットフォーム「メタトレーダー」のこと。MT5(メタトレーダー5)は、MT4(メタトレーダー4)の後継機であり、機能面がMT4よりも充実している特徴があります。一方で、自動売買のEAやテクニカル分析のインジケーターは、MT4の形式で作られているものも多く、MT5(メタトレーダー5)にはデメリットもあります。ただし、徐々にMT5ユーザーが増えてきている状況です。

ニュース考察

MT4が普及しすぎて、自動売買のEAやテクニカル分析のインジケーターは、MT4の形式で作られているものが多いため、なかなかMT5が普及しなかったのですが、ここにきて、多くのインジケーターやEAがMT5で開発・リリースされるようになり、また、多くの投資家の回線も強くなっているため、MT5のデメリットが減ってきており、MT5利用ユーザーが増加しています。

GEMFOREXや他の海外FX業者も、選択肢としてMT5がないことが顧客獲得の大きな足かせとなりはじめていたのです。

GEMFOREXは、無料で使い放題のEAもあるため、なかなかMT5の導入に踏み切れませんでしたが、ここにきて、MT5を導入する準備が整ったということになります。まずは、1,000口座限定でリリースし、テストをしながら、問題なければ、上限をはずして提供するということになります。

今後は、MT5が使える海外FX業者として、GEMFOREXを検討することが可能になります。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)評判レビュー。10のメリットと6のデメリットでGEMFOREX口座を評価

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。