Home / プレスリリース / ブロックチェーン領域の新事業を行う「株式会社Datachain」を設立【プレスリリース】

ブロックチェーン領域の新事業を行う「株式会社Datachain」を設立【プレスリリース】

株式会社Speee│2018年3月20日

株式会社Speee(本社:東京都港区、代表取締役:大塚 英樹)は、ブロックチェーン技術を基盤としたデータプラットフォーム「Datachain」構想の事業を子会社化し、2018年3月12日に株式会社Datachain(本社:東京都港区、代表取締役:久田 哲史)を設立いたしました。

Speee,Datachain,ブロックチェーン,データプラットフォーム
(画像= ​Webサイトより)

 

当社はデジタルコンサルティング事業、ライフスタイルメディア事業の各事業セグメントにおいて成長を遂げ、業容を拡大してまいりました。また、新規事業の開発も積極的に取り組んでおり、2018年2月にデータプラットフォームの新しいソリューションコンセプトとして「Datachain」構想を発表いたしました。その構想の実現に向け開発をさらに加速させるため、機動性の高い事業体制の構築を目的として「Datachain」事業を行う子会社を設立する事といたしました。

株式会社DatachainはSpeee創業者の久田 哲史が代表を務め、Speee執行役員でエンジニアの木村 淳が開発責任者となり、高い実行力を持って「Datachain」開発を推進してまいります。

株式会社Datachain 会社概要

私たちは、ミッションとして、「データがつながるをあたらしく」、ビジョンとして「世界中のデータをブロックチェーンによって安全に共有できるようにする」を掲げ、ブロックチェーンデータプラットフォーム「Datachain」(https://datachain.jp/ )を開発しています。

URL https://datachain.jp/
設立日 2018年3月12日
代表者 代表取締役 久田 哲史
所在地 東京都港区六本木4丁目1番4号 黒崎ビル
事業内容 仮想通貨交換業、DMP事業、アプリケーションプラットフォーム事業

 

株式会社Speeeについて

株式会社Speeeは、「解き尽くす。未来を引きよせる。」というミッションのもと、ビジネスデベロップメントにより、社会に存在する様々な課題の解決に取り組む企業です。弊社はデジタルコンサルティング事業、インターネットメディア事業、医療事業や東南アジアでのHR事業など幅広い領域に展開しています。提供するサービスにはネイティブアド配信プラットフォーム「UZOU」、不動産査定サービス「イエウール」(https://ieul.jp/)などがあります。(http://www.speee.jp/

※記載されている会社名・商品名は、各社の商標または登録商標です。