Home / 業界動向 / 国内動向 / 銀行とFinTechスタートアップが役割を入れ替え API使ったビジネスを模擬プレゼン

銀行とFinTechスタートアップが役割を入れ替え API使ったビジネスを模擬プレゼン

スタートアップがビジネスを始めたり、拡大したりするにあたって、金融機関からいかに融資を引き出すか、ビジネス面で協業できるかどうかは非常に大きな意味を持つ。誰もが知るとおり、企業が銀行など金融機関から受ける融資は、資金調達の重要な手段の一つ。そして、内容や程度の差はあれど、企業側が融資を受けるにあたってのビジネスプランを提案し、銀行が融資するか決める。その構図が、企業と銀行の関係性を形作っている。

そこで「役割を入れ替える」ことでお互いの考え方を疑似体験してみようというイベントがこのほど開催された。主催はFintech協会API・セキュリティ分科会。三井住友フィナンシャルグループが9月1日に渋谷にオープンさせたばかりのオープンイノベーションのための施設「hoops link shibuya」(フープス リンク渋谷)で、スタートアップや金融機関の約30人。それぞれの役割を入れ替えてのビジネスプランのプレゼンが行われた。(取材:濱田 優 ZUU online編集長/FinTech online)

なぜFintech協会API・セキュリティ分科会が企画したのか?

API,Fintech協会,イベント,レポート
(写真=FinTech online編集部)

主催がFintech協会のAPI分科会であることから分かるように、このイベントのテーマは「API」なのだが、これは日本のFinTechが抱える課題のひとつである。全国銀行協会が「オープンAPIのあり方についての検討会」を開催するなど、関係団体では議論が進んでいるほか、実際にAPIを提供する金融機関も増えてきている。そして議論もより具体的になってきている。

たとえば参照系と更新系、それぞれのAPIの話だ。簡単にいえば、家計簿アプリなどに銀行の情報を引っ張ってくるのが「参照系API」であり、振り込みなどの作業を外部からできるようにすることが「更新系API」ということ。

このうち先行して進んでいるのが「参照系」のほうだが、「更新系」のほうでも動きが出始めている。家計簿アプリや企業向けのクラウド会計サービスを提供しているマネーフォワードが、みずほ銀行、三井住友銀行、住信SBIネット銀行に対して、同社の「MFクラウド経費」から振込処理を完結する機能を提供している。メガバンクの動きでは、三菱UFJフィナンシャル・グループも同じ時期に「MUFG{APIs}」を発表している。

参照系と比べて更新系のAPIについて進度が遅いのは、当然ながら不正利用のリスクがあるからだ。今回はリスクも議論のテーマに挙げられていたが、Fintech協会は「ビジネスモデルも議論する必要があることが見えてきた」と指摘。「金融機関側もFintech企業側も企業秘密や自社戦略で公開していただけず、どうしても個別企業同士の議論にならざるをえないところがあった。このままでは日本は世界から出遅れてしまう」という危機感から、同協会のAPI・セキュリティ分科会で、実際の企業としてではなく、模擬で議論しようというアイデアが出てきたことが今回のイベントだ。

短時間で3回のプレゼン 指摘事項は15分後のプレゼンまでに対策練る

当日のプレゼンでは、スタートアップの出席者が銀行役をやり、逆に金融機関側の参加者が銀行にプレゼンするスタートアップ側を演じた。

およそ2週間前には3グループに分けられ、それぞれのメンバーが固まっていたため、事前にプレゼン資料を用意。APIを活用した新しいビジネスの協業を提案した。

たとえばあるグループは、お金を入れると同時に外貨を買い付け、外貨預金にもなる貯金箱を提案。為替ごとに色分けした貯金箱を提案し、同時に貯金箱の盗難保険などもセットにするなど、凝った提案をしていた。そのほかのチームは、決済プラットフォーム、物流シェアリングエコノミーなどをビジネスプランに落とし込んだ。

数回に分けてスタートアップと銀行の面談は行われ、最初の面談で銀行側から指摘された点について、わずか15分後の2回目の面談では解決策を提案するなど、時間は短いながらもどのチームも真剣、必死に取り組んでいた。銀行役(本来はスタートアップの経営者層)から「営業活動はやってもらえるのか?」といった質問が飛び出すなど、実践さながらの内容で、「いつも金融機関から聞かれていること、言われていることがあるので、コメントがスラスラでてきた(笑)」という声も聞かれた。

イベント後の総括で、マネーフォワード取締役兼Fintech研究所長の瀧俊雄氏は「いつもと反対側である銀行側にたって考えてみて、銀行がビジネスの黒字化に対してシビアに考えているということをあらためて実感できた」と話していた。

イベントを主催したFintech協会のマクダッド・マーク氏(API・セキュリティ分科会担当理事)は「お互いの立場に立たせていただいたことによって今まで以上お互いのニーズの理解を実現することができたかなと思います。フィードバックも非常にポジティブでこれから業界の根回しの一環として年内にもう一度できたらと考えています」とコメント。同協会は「今回はビジネスが思った以上に盛り上がったので、ビジネス中心の議論になっていたが、次回はリスク評価により照準を当てた模擬も行ってみたい」している。また今後もAPIに限らずさまざまな課題について考え、解決するためのイベントやセミナーなどを開催する考えという。