Home / 業界動向 / 海外動向 / アクセンチュア、カナダのFinTechコンサル・ヴェラックスを買収

アクセンチュア、カナダのFinTechコンサル・ヴェラックスを買収

アクセンチュアがカナダのFinTechコンサルティング企業ヴェラックス・ソリューションズの買収を発表した。カナダにおけるバンキング・テクノロジー事業の強化に向けた動きだ。

同社は優秀な企業の買収に積極的に乗り出しており、デジタル関連知識や経験だけではなく、コンサルティング能力や分析能力、創造性といった、多様な体制構造への変革を目指している。

カナダでの「金融サービス能力強化」が狙い

コンサルティング,買収,アクセンチュア
(写真=Thinkstock/Getty Images)

2003年にトロントで設立されたヴェラックスは、大手銀行を含む多数の金融機関に、IT戦略やエンタープライズ・アーキテクチャ(EA/組織の最適化を図り、効率性の高い組織運営を目的とする手法)・コンサルティング、プロジェクトおよびプログラム管理、金融リスクおよびコンプライアンス・ソリューションなどを提供してきた。

幅広い領域にわたるITコンサルティングを専門としており、ウェルス・マネージメントから仲買、ミューチュアルファンド、モバイルおよびオンラインバンキング、リテールおよび商業銀行業務までを手掛けている。

アクセンチュアはヴェラックスが「熟練した技術的専門知識、協力的な文化、信用」で社会から定評を得ている点を挙げ、「カナダにおける金融サービス能力の強化に貢献する」との期待を寄せている。

ビッグデータからデジタル・マーケティングまで分野を拡大

アクセンチュアのデジタル分野に注ぐ情熱には、近年目を見張るものがある。

シカゴや日本でデジタルハブを開設するなど、スタートアップやクリエイター、研究者の支援に力を入れているほか、自社のテクノロジー分野の拡大に向け、優秀な企業の買収に本腰を入れている。

17年だけでも、米国のビッグデータおよび調査分析企業サーチ・テクノロジー 、デジタル・オプティマイゼーション(最適化)企業クリアヘッド 、マーケティング・アンド・セールス・コンサルティング企業ブランド・ラーニング などを、次々と買収。

16年にはデジタル・マーケティング企業IMJコーポレーションの株式の過半数を取得 し、子会社化している。(アレン・琴子、英国在住フリーランスライター)