Home / プレスリリース / スマートフォン版新機能“チャット型”資産計画 体験コンサルティングを発表【プレスリリース】

スマートフォン版新機能“チャット型”資産計画 体験コンサルティングを発表【プレスリリース】

マネックス・セゾン・バンガード投資顧問株式会社|

個々の資産形成ニーズに沿って毎月1万円から積立できる投資一任運用サービスの「MSV LIFE」

マネックス・セゾン・バンガード投資顧問株式会社(東京都港区 代表取締役社長 大原 啓一、以下:当社)は、この度、2017年5月26日(金)に、提供する投資一任運用サービス「MSV LIFE」のスマートフォン版で、新機能「チャット型 資産計画 体験コンサルティング」をリリースすることをお知らせいたします。

 2016年9月15日に金融庁は「平成27事務年度 金融レポート」を公表。「貯蓄から資産形成へ」と題した項目では広く現役世代に対して、投資などによる自助努力での家計の安定的な資産形成を促しています。実際、デフレからインフレへという経済環境の変化や超低金利という金融環境、少子高齢化などの社会環境を背景に、資産運用サービスが担う役割はますます大きくなっています。一方、日本における資産運用サービスは一部の富裕層や機関投資家向けのものというイメージが強く、また、個人の金融資産に占める現預金の比率は安定して5割を超えており、日本人の現金預金志向も根強くあります。このような背景のもと、当社は、すべてのお客様一人ひとりに最適かつ高品質の資産運用サービスをご提供したいという想いから設立し、投資初心者や現役世代が無理なく取り組める「投資一任運用サービス」として2016年9月に「MSV LIFE」(https://www.msvlife.jp)の提供を開始しました。

 MSV LIFEが従来の資産運用サービスと大きく異なる点は、初めに体験コンサルティングを受けていただくことで、お客様の人生の目標(ゴール)を特定し、目標実現のための資産計画を考えてから手続きを始めるという「ゴールベースアプローチ」である点です。近年、スマートフォンを使用している多くの方は、チャット形式でのコミュニケーションに慣れ親しんでいるため、今回MSV LIFEリリースする「チャット型」コンサルティングは、ゴールに向かって資産計画を策定するための体験コンサルティング画面チャット形式にすることで、あたかも対話をしながら資産計画を立てているように進めていただけるという機能です実際に資産計画を立てるときに、身近な人に相談をするように、MSV LIFEに相談している感覚でお使いいただくことにより、お客様の資産計画の一助になりたいと考えております。

 なお、ご契約後は、お客様専用マイページおよびスマホアプリで日々更新される「目標達成確率」をご確認いただけます。達成確率が一定以上低下した場合や高くなった場合にはお知らせが配信され、運用途中で積立額の見直しなども実施可能で、資産計画の策定からアフターフォローまでをカバーする資産運用サービスとなっております。今後は、さらに多くの方にご利用いただけるよう、国内のあらゆる銀行や証券会社でサービスを利用できるように展開していく予定です。

「MSVLIFE」スマホ版 チャット型 体験コンサルティングイメージ

実際の画面は526日(金)にリリースされます。スマートフォンよりご覧ください https://www.msvlife.jp/

[注] ※実際の運用開始には、本コンサルティングを受けていただき、投資一任契約の締結が必要です。
※今回のリリースは体験コンサルティングですが、本コンサルティングの同機能のリリースは2017年秋頃を予定しております。

■商品・サービスの仕様
サービス名:「MSV LIFE」
サービス提供開始日:開始日:2016年09月17日
運用会社:マネックス・セゾン・バンガード投資顧問株式会社
サービスサイト:https://www.msvlife.jp

■「MSV LIFE」を提供する運用会社
マネックス・セゾン・バンガード投資顧問株式会社
コーポレートサイト: https://www.msvip.co.jp
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第2882号
加入協会 一般社団法人 日本投資顧問業協会、一般社団法人 投資信託協会

MSV LIFEのリスクについて
金融市場の変動リスク
株式市場や債券市場、世界の経済情勢の影響を受けることで、お客さまの運用資産の時価残高が大きく上振れ、下振れする可能性があります。MSV LIFEでは、このリスクに対しては以下3つの方法で対処することができます。
お客さま一人ひとりのリスク許容度を測定し、最適な運用戦略で資産運用を行う
国内外のETFへの投資を通じたグローバル分散投資
長期的な積み立て投資による時間分散

為替の変動リスク
グローバル分散投資では、外国の資産に投資するため為替変動の影響を受けます。MSV LIFEでは、お客様のリスク許容度に合わせて、外貨建債券の指数に連動しているETF等の一部もしくは全部について、対円の為替ヘッジを行うことで、実質的に国内債券に連動する資産クラスに代替します。

当初策定した資産計画からの乖離リスク
当初策定した計画を放置すると想定外のリスクに晒される可能性が高まります。大きな変動でも、早期に気づき適切な対応を行えば、リスクは最小限に留めることができます。
MSV LIFEでは、万が一、目標達成確率に大きなブレが見られたときに、マイページを通じて資産計画の見直しの必要性を迅速にお知らせすることでこのリスクに対処します。

運用会社や口座管理金融機関の倒産リスク
MSV LIFEを提供するマネックス・セゾン・バンガード投資顧問株式会社や口座管理金融機関は民間企業であり、倒産する可能性がゼロとは言い切れません。事業継続に関しては万全の態勢を整えているため、倒産リスクは低い状態ではありますが、万が一倒産した場合においても、MSV LIFEが投資対象とする有価証券は信託銀行にて分別管理されており、マネックス・セゾン・バンガード投資顧問や口座管理金融機関とは完全に切り離されて管理されているため、お客さまの資産は守られます。

コストについて
MSV LIFEの実質コストの合計は、資産計画コンサルティングや運用資金の投信運用、その後のアフターフォローサービスまで含め、運用資産残高に対して年間1.0%未満(税込み)を想定しています。(※1)

実質コストの内訳
MSV LIFEの実質コストは、【A】MSV LIFEの運営・管理に係るコストや【B】お客さまのMSV LIFE用口座から投資対象として組入れる投資信託の投資運用等に係るコストなど、下図のように分類されます。

※1 実質コストには、投資一任契約に係る投資一任報酬、組入れ投資信託の信託報酬、及び最終投資対象の国内外ETFの平均経費率を含みます。監査費用、ETFの売買委託手数料などは含みません。市場環境等によっては、実質コストが1%を超えることがあります。
※2 MSV LIFEにおいては、マネックス・セゾン・バンガード投資顧問が設定する投資信託を投資対象として組入れるため、報酬の二重取りにならないように投資一任報酬の調整を行います(調整後の投資一任報酬水準が0.648%(税込み))。また、この投資一任報酬については、お客様の便宜を図るため、組入れる投資信託の信託報酬としてお支払い頂きます。
※3 経費率とは、ETFの内部で徴収される運用管理費等の経費を各ETFの純資産総額で除したものです。