Home / ブロックチェーン / Industry 4.0×ブロックチェーンで注目される「BPIIoT」

Industry 4.0×ブロックチェーンで注目される「BPIIoT」

2009年にブロックチェーンの概念が世界で初めて提唱されてから、すでに8年が経過しようとしている。現在では、実ビジネスへの浸透も進みつつあり、他の先端技術との有効な組み合わせを作り出すフェーズに達しようとしている様子だ。

ブロックチェーン×IoTで先駆けたSlock.it

ブロックチェーン,IoT,BPIIoT,Industry 4.0
(写真=Zapp2Photo/Shutterstock.com)

すでに存在感を示してきているのは、ブロックチェーンとIoTの組み合わせで、最近では家電や自動車などさまざまなモノの売買や貸し借りを仲介できるプラットフォームを提供するSlock.it(Slock)が注目を集めている。

Slockによれば、他にも自転車の貸し借りもブロックチェーンを使って契約を成立させられ、保険にも同時に加入するといった使い方もあり得るという。

またSlockは、Ethereumのスマートコントラクトを実装しており、仮想通貨「Ether」でIoT化したモノを借りる際の支払いもできる仕組みも内蔵しているという。

ブロックチェーンやIoTなどの技術を取り入れているという側面だけではない。Slockのサービスはモノの貸し借りを広範囲に実現している点でシェアリングエコノミーのプラットフォームでもあり、ライドシェアのUberや民泊サービスのAirbnbに並ぶサービスになってきている。

産業IoT基盤への応用も進む、ジョージア工科大が「BPIIoT」を提唱

Slockに代表されるブロックチェーンとIoTの組み合わせに続いて、より大規模な産業IoTの基盤への応用も試みられてきている。

SlockのIoTとブロックチェーンを活用したプラットフォームでは、モノの所有者がユーザーと直接やり取りする。その一方でインダストリー4.0とも呼ばれる産業IoTではユーザーのニーズを捉えるために、より高い拡張性が求められると見られている。

その産業IoT向けのブロックチェーン×IoTのプラットフォームをこのほど、アメリカジョージア州の州都・アトランタにあるジョージア工科大学のArshdeep Bahga氏と Vijay K. Madisetti氏が提唱した。産業IoTのブロックチェーン基盤「Blockchain Platform for Industrial Internet of Things(BPIIoT)」を提唱しており、ブロックチェーン技術の生産システムへの応用を視野に入れてきた格好だ。

故障の原因となりそうな部品の発注までも自動化

プラットフォームの狙いは、特に最近顕著になっている製造の自動化や遠隔での機械診断の実施から、サプライチェーン管理の最適化まで幅広い。ブロックチェーンを応用し、クラウドサービスを活用したオンデマンド型の製造モデルへ、産業用IoTのモデルを強化する狙いだ。

Arshdeep Bahga氏と Vijay K. Madisetti氏によれば、BPIIoTは従来から注目されてきたIoTの機能の強化にも貢献するという。

クラウド基盤と、ブロックチェーンのブリッジ、センサー、アクチュエーターの接続ドライバ、ブロックチェーンウォレットなどさまざまな要素技術を組み合わせている。そのため、比較的単純な取り引きの基盤になるSlockよりも幅広い、さまざまな分散型のアプリケーションを開発できるという。これにより、産業IoTのユーザーの幅広いニーズに応える拡張性を担保している。

産業機械をIoT化し、収集データをモニターすることでより効率的な運用や、故障を予測した事前のメンテナンスも可能になるとされてきた。この構想に基づくと、ブロックチェーンの自動執行機能により、故障の原因となりそうな部品の発注までも自動化できると強調されている。

また、利用者はオンラインで注文を出すだけで、機械に自動で製品を製造させられるようになる可能性もあるという。IoT化された製造装置が自動で製造、出荷する仕組みを作ることもできるという。

Industry 4.0の動きを加速

ブロックチェーンで消費者と機械や、機械と機械をつなげるようになるといえそうだ。他にも製品の製造工程の履歴を記録するために使うこともできるため、BPIIoTの用途は、活用の方法次第で他にも実用化する例が数多く登場してきそうだ。(提供:MUFG Innovation Hub

【編集部のオススメ MUFG Innovation Hub記事】
カブドットコム証券とゼロビルバンク MUFGのアクセラレータプログラムで生み出された「OOIRIコイン」
IoT×AIで加速する「第四次産業革命」の構造的な影響力とは?
大手メディアが伝えない、世界のハードウェア市場を席巻する「フランス勢」の実態
競争激化するIoTプラットフォームでぶつかるクラウド大手
IoT×AIで加速する「第四次産業革命」の構造的な影響力とは?