Home / ブロックチェーン / 豪EY、ブロックチェーンKYC(本人確認)システム共同開発

豪EY、ブロックチェーンKYC(本人確認)システム共同開発

EY,ブロックチェーン,KYC
(写真=Thinkstock/GettyImages)

 

EY(アーンスト・アンド・ヤング)が豪顧客向けブロックチェーン・マネージメント・プラットフォームの提供を開始する。

イーサリアムのプロトコルを利用したブロックチェーンKYCシステムで、オンボーディング(顧客情報確認)や認証プロセスが劇的に簡易化される。Bloch Exchangeと共同開発された。

将来的には「ブロックチェーン・システム保証」も検討

「ブロックチェーンはインターネット以来の偉大な発明」との認識のもと、2016年から積極的にブロックチェーン研究を進めている豪EY。

今回開発されたプラットフォームはBloch Exchangeとの提携で、昨年11月に着手。約6週間で透明性の高いシステムが完成した。ファイナンシャル・サービシズ部マネージャー、マイケル・マロニー氏が「現時点におけるEYとイーサリアムの最高傑作である」と、仮想通貨情報サイト「Coindisk」のインタビューで絶賛するほどの自信作だ。

顧客は従来のKYCプロセスを用いて、ブロックチェーン環境内で個人確認することができる。またブロックチェーンの特性を活かすことで、セキュリティや利便性などが著しく向上すると期待されている。

Bloch Exchangeはシドニーを拠点とするスタートアップで、ブロックチェーン住宅融資システムの開発で一躍注目を浴びた。アンドリュー・コッピンCEOはEYとのマネージング・プラットフォームに、「予想を上回る認証能力が備わっている」とこちらも開発の結果に大満足の様子だ。(FinTech online編集部)

【オススメ記事】
「人工知能が金融を支配する日」がくる前に日本の金融機関が置いていかれる
銀行エクゼクティブらの9割弱が「銀行の収益が奪われる」と確信
AIのリターン率は人間・クオンツの最高5倍「ヘッジファンド業績比較」
Amazonが現金払いサービス開始、プリペード感覚で利用できる「AmazonCash」
3メガバンクが取り組むフィンテックの動向 API、ブロックチェーン、ハッカソン……