一流金融マンのメールボックスが「スカウトメール」であふれているワケ

スマホ
【Sponsored】  (写真=Thinkstock/GettyImages)

金融マンは業界の違いに関わらず、企業が必要とする人材としての評価が高い。企業の中核を成す経済面に関する知識・技術や経験が豊富だという印象が強いからだ。

経済面に強いということは、数値管理・分析能力、また論理的思考能力や顧客管理能力などの高さも期待される場合がある。経営幹部や企業買収案件などで力を発揮できると捉えられる可能性が高い。

銀行や消費者金融、または保険や証券会社などでの高度な業務経験や経済的知識を持っていれば、数字の結果を重視する他業界のリーディングカンパニーからも必要とされる人材だと言えるだろう。

金融マンでも自力で転職先を探すのは難しい

大手や優良企業と呼ばれる企業は、多くの場合スカウトサービスを利用して採用活動を行っている場合が多い。効率的に高いレベルの人材を獲得することができることが多いからだ。

特に企業の中枢を担うことを期待する金融関係の知識や技術・経験を持っているような高度な人材を求めるのであれば、信用性がより高いスカウトサービスに多数の企業から採用に関する利用が集中するかもしれない。

また転職先を探す側にとっても、スカウトサービスを利用する方が活動として効率的だと言われている。金融マンにとってキャリアを活かせて収入が高まり、さらに仕事の領域も広がるような好条件の企業を自力で探すのは極めて難しいからだ。

もし仮に、自分の希望と比較的に近い企業が運良く見つけられたとしても、実はそれ以上に好条件な企業を、自分一人の情報収集能力では見つけることができていない可能性が高い。

自分にとって最高の条件を提示してくれる企業を少しでも多く見つけたいのであれば、より多くの大手・優良企業が採用活動の場として利用しているスカウトサービスを利用することが望ましい。

スカウトサービスを利用した際の意外な利点とは?

スカウトサービスを利用する企業の中には、書類選考なしで面接を確約しているところもある。数あるスカウトサービスの中でも特に優良なサービスの場合、転職希望者が登録している内容だけを見てスキルの高さを評価することがあるからだ。

特に金融関係の知識や技術・経験を持つ人材を探すときに、財務系など数値管理に必要となる資格や経営管理に必要なマネジメント経験などの有無を判断する場合は、入力されたスキルを見れば一目瞭然だ。

その場合、スキルに惚れ込んだ企業側から逆に直接スカウトしたいという意思表示が、登録者にメールで送られてくるケースもある。自分がチェックしていなくても、思わぬところから大手・優良企業に巡り会えるというわけだ。

自分のキャリアを活かせる求人を多数のスカウト案件から見つける方法

DODAのスカウトサービスであれば、一人当たり平均して月に約50通のオファーを受け取る計算となる。自分のキャリアを十分に活かすことができ、希望する報酬・ポジションにつくことができる可能性がとても高い。

転職先の企業についても、多くの企業候補から選択することができる。報酬やポジションだけでなく、国内で深く活躍するのか国外にも活躍の幅を広げたいのか、IT系の将来性に期待するのか老舗の商社で安定性を確保するのかなど、思い描く仕事スタイルも実現できるかもしれない。

スカウトサービスとは、転職を希望する人にとっても採用する側の企業にとっても、双方の未来がステップアップしていくための重要なイベントだ。

視野の狭さや情報量の少なさからチャンスを逃すことなく、多角的でより有利な情報を多く手にするためにも、未来ある金融マンという自覚を持ちながらDODAのスカウトサービスをこの機会に上手に利用しておきたい。

>> キャリアを活かせる求人をスカウトサービスで見つける

【関連記事 PR】
金融業界のボーナス事情 平均は他業界より高めだが、自分の額に満足ですか?
今後の金融業界で活躍できる人材に必要な要素とは 金融専門のアドバイザー
金融業界で求められるIT業務とは?
【2016年度版】金融業界のビジネスパーソンが選ぶ転職人気企業ランキング
2016年残りわずか 金融業界「転職4つのキーワード」とは?