Home / キャリア / デキる金融マンはこう使う 「DODA」徹底活用術

デキる金融マンはこう使う 「DODA」徹底活用術

【Sponsored】 (写真=PIXTA)
【Sponsored】 (写真=PIXTA)

転職経験者から高い人気を誇る転職サービス「DODA」。株式会社インテリジェンスが運営する転職サービスだ。無料で利用できるにもかかわらず、転職希望のあなたに最短距離でベストな道しるべを示してくれる。日々の忙しく過ごす中で、よりよい転職先を見つけるためには、便利なツールを利用することが不可欠だ。

業界最大級の求人数を誇り、DODA限定で取り扱っている求人も多数ある。人材会社そのものは他に多数存在しているが、DODAは求人を出す企業側からの信頼が厚いため、ここ限定の求人が多く集まるのだ。

DODAではさまざまなサービスが提供されている。特徴的なものを5つご紹介しよう。

DODAの提供サービスとは

1つ目は「合格診断」だ。転職人気企業ランキングにて、上位300社で現在募集中の企業を対象にあなたが合格可能性のある企業を診断するサービスだ。あなたの今現在のキャリアを基に、市場価値が明らかにされる。

2つ目は「スカウトサービス」だ。一言でいうと、あなたに興味を持った企業からオファーが届くサービスである。人によっては、非公開求人のオファーが優先的に受け取れる「登録者限定のオファー」や、エントリーすれば書類選考なしで必ず面接を受けられる「面接確約オファー」が届くこともある。求人を出す企業が「この人に活躍してほしい」という見方で送られてくるもので、自分では気付けなかった新たな可能性を発見することができるかもしれない。

3つ目は「レジュメビルダー」だ。つまり職務経歴書の書き方を指南してくれるサービスである。作成した職務経歴書を「偏差値」として数字で表し、比較しやすくできる。

4つ目は「キャリアタイプ診断」だ。設問数は120問、所要時間は10分。たったこれだけで、あなたがどのような性格・気質で、どんな能力があるのか・どんな仕事スタイルが向いているのかなどを知ることができる。もしかしたら自分では気づかなかった、潜在的な能力を知ることができるかもしれない。

実に便利なエージェントサービス

そして最後が「エージェントサービス」だ。このサービスはDODAの一番のセールスポイントにもかかわらず、あまり認知されていない。このサービスは、転職のプロであるキャリアアドバイザーがあなたの希望に合った求人を紹介してくれる。

もちろんこの求人情報には、DODAしか扱っていないプレミアムな非公開求人も含まれている。それらの求人の中からあなたが「応募してみたい」と思うものがあれば、後の手続きはすべて彼らが代行してくれる。

企業へのエントリーや面接日程の調整、魅力的な応募書類の書き方アドバイスや面接前後のきめ細かいフォローをしてくれる。また、必要に応じてキャリアカウンセリングや模擬面接を行うことで、より中身の濃い、あなたに寄り添ったサポートをすることができるのだ。

この「エージェントサービス」は、ここで紹介したように、いろいろな情報やサービスを提供してくれる非常に便利な仕組みであるにもかかわらず、ほかのサービスほどに使われていない実態がある。それは「エージェント」と聞いた瞬間に、経営幹部などが使うヘッドハンターのような存在を思い出し、「エグゼクティブ層が使うサービスであって自分には関係ない」と思う人が多いからかもしれない。

しかしそんなことは決してない。20代や30代の金融マンがキャリアアップのために利用しているのだ。

これまでに「メールサービスや転職サービスへの登録はしてきたが、エージェントは利用したことがない」という人も多いだろう。成功転職するために、まずはエージェントサービスに登録してみてはどうだろうか。

【オススメ記事】
「人工知能が金融を支配する日」がくる前に日本の金融機関が置いていかれる
銀行エクゼクティブらの9割弱が「銀行の収益が奪われる」と確信
AIのリターン率は人間・クオンツの最高5倍「ヘッジファンド業績比較」
Amazonが現金払いサービス開始、プリペード感覚で利用できる「AmazonCash」
3メガバンクが取り組むフィンテックの動向 API、ブロックチェーン、ハッカソン……