ビットコイン財団設立者、シェレム氏の新ベンチャー 世界初ブロックチェーン・ファンド

ビットコイン,イーサリアム,投資ファンド,米国
(写真=Thinkstock/Getty Images)

 

ビットコインのパイオニアとして知られるチャーリー・シェレム氏が、ブロックチェーンによるプライベート・エクイティ・ベンチャー、インテリシス・キャピタルを立ちあげた。

イーサリアムのブロックチェーン技術で流通市場企業のトークン株を発行し、ポートフォリオを構成するという新発想で、世界初のデジタル・プライベート・エクイティ投資ファンド「メインストリート・インベストメント(MLP)」の提供を目指している。

服役中にあたためていた発想を現実化 再起図るシェレム氏

より透明性の高い投資ファンドという利点を備えたMLP。ポートフォリオは流通市場、将来の流通市場、ベンチャー・キャピタル、運営を中心に構成される予定だ。

ビットコインおよびデジタルアセット(30%)、不動産および医療(20%)、製造業(15%)、消費者サービス(10%)、その他製造業(10%)、メディアおよびデジタル・コミュニケーション(5%)という配分になっている。

トークンはKYC(銀行の顧客確認のプログラム)の要求を満たした後、分散型プラットフォームをとおして発行される。

インテリシス・キャピタルは、ファンドの30%を投資家に提供することでブロックチェーン企業に投資し、ポートフォリオを構築するという戦略を打ちだしている。資金調達手段として、「メインストリート・インベストメント・トークン」の販売開始を来年1月15日に予定しており、米国内は勿論、海外からの購入も可能だ。

シェレム氏の新ベンチャーが注目を浴びている理由のひとつは、シェレム氏の「過去」にある。シェレム氏は、2014年に闇サイト「シルクロード」事件で仮想通貨産業に衝撃を走らせたビットコイン為替交換所、BitInstantの元CEOだった人物だ。

ビットコイン財団理事でもあったシェレム氏だが、シルクロード顧客へのマネーロンダリング行為、無許可の資金送金業務などの容疑で2年間の服役刑を受けた。

獄中ではメールの送受信を除くインターネット利用が禁止されていた。その間に読書などから知識を吸収する一方で、漠然とではあるものの、出所後の新たなベンチャー計画をあたためていたという。(FinTech online編集部)

【関連記事 PR】
金融業界のボーナス事情 平均は他業界より高めだが、自分の額に満足ですか?
今後の金融業界で活躍できる人材に必要な要素とは 金融専門のアドバイザー
金融業界で求められるIT業務とは?
【2016年度版】金融業界のビジネスパーソンが選ぶ転職人気企業ランキング
2016年残りわずか 金融業界「転職4つのキーワード」とは?