Home / キャリア / あなたの職務経歴書は合格点? 意外と差がつく「職務経歴書力」を知る方法

あなたの職務経歴書は合格点? 意外と差がつく「職務経歴書力」を知る方法

【SPonsored】  (写真)=PIXTA
【SPonsored】  (写真)=PIXTA

転職活動でかなり高い割合を占める書類選考。「この人と会ってみたい」と思うような職務経歴書は、大きなポイントとなってくる。どんな職務経歴書なら合格なのだろう。

他の人と差がつく「職務経歴書力」を身につけよう。

職務経歴書は自分の「顔」である

職務経歴書は自分の経歴・実績を記し、何ができるかをアピールできる大切な書類。職務経歴書が会社へのラブレターと同じ、とはよく言われることだが、人事担当者に「会ってみたい」と思わせることはとても重要だ。

実績が分かりやすく書いてあるか、自分の会社で活かせる経歴であるか、また、読みやすい作りになっているかといったことが必ず押さえていなければいけないポイント。もちろん、誤字・脱字、経歴の間違いなどはもってのほか。

自分にどんな経歴があるか、転職先の会社でどう活かしていけるかをしっかり書き込み、自分の気持ちを伝え、人事担当者に「会ってみたい」と思わせよう。

職務経歴書に何を、どう書き、アピールするか?

自分の経歴をどうアピールするかが職務経歴書で最も悩むところだ。そのためにはまず、自分の経歴の棚卸しをしてみよう。

何年から何年までどこの会社のどの部署にいたか、どんな業務を行ったか、単に「プロジェクトをやりました」でなくどういう結果を生んだかなどをノートなどに書いてみる。その業務の中で、どういったスキルを身につけたかも大切なことだ。

その中で自分の強み・アピールすべきポイントというのも分かるだろう。そこから応募する会社に合わせ、職務経歴書を作っていく。それぞれ会社にも個性はあり、さらに募集職種も同じとは限らない。職種によって必要な事項なども異なってくる。

また、最後の方に書くため、力を抜いてしまいがちなのが自己アピール。応募する会社でぜひ働きたい、という気持ちを訴える。

職務経歴書の偏差値って?

ネットの普及により、職務経歴書のテンプレートが誰でも簡単に手に入れられるようになった。これにより、必要なことを押さえた見やすい職務経歴書が増え、ひと昔前と比べると職務経歴書のレベルが上がってきているという。

要は職務経歴書の偏差値が上がってきている、ということだ。その中で頭一つ抜ける職務経歴書をつくるためのツールが転職サービスDODAが提供する「レジュメビルダー」だ。

自分の経歴の棚卸しをしてみたものの、どんな形式で書けばよいかわからない、どんな項目を作ったらよいのか分からないという人にはおすすめのフォーマットがある。さらに、自分の職務経歴書の偏差値が高いのか低いのかも分かるという優れものだ。
・レジュメビルダーで職務経歴書の「偏差値」を測定してみよう

「DODA」のレジュメビルダーの使い方は簡単だ。

まずは会員登録した後、職種別に2種類の職務経歴書フォーマットから自分に合うものを選び、記入。職務経歴書に必要な事項を押さえた上に、自分の強みや経験などをアピールしやすい作りとなっている。そのほか、さらによりよい職務経歴書となるためのコンテンツもあり、自分がアピールすべきことは何なのかが見える。

出来上がったら、職務経歴書の偏差値を測定してみよう。職務経歴書の偏差値の出し方は、同じ希望職種の人を集め、自分の職務経歴書と比較、偏差値を出すといったもの。おそらくライバルとなる人たちの中で、自分がどれくらいのポジションにいるかというのが客観的に分かるだろう。

よいものが出来たらダウンロードして使用可能。自分を客観視するツールとして「レジュメビルダー」を取り入れてみてはいかがだろうか?

転職活動を左右する職務経歴書。自分の職務経歴書の偏差値を高め、書類選考を楽々合格する職務経歴書を作成しよう。

【オススメ記事】
「人工知能が金融を支配する日」がくる前に日本の金融機関が置いていかれる
銀行エクゼクティブらの9割弱が「銀行の収益が奪われる」と確信
AIのリターン率は人間・クオンツの最高5倍「ヘッジファンド業績比較」
Amazonが現金払いサービス開始、プリペード感覚で利用できる「AmazonCash」
3メガバンクが取り組むフィンテックの動向 API、ブロックチェーン、ハッカソン……