Home / 業界動向 / 海外動向 / 最新の株価指数「FinTech指数」とは?

最新の株価指数「FinTech指数」とは?

株価指数,FinTech指数
(写真=PIXTA)

 

日経平均株価やTOPIXなどさまざまな指数がある。S&P500やダウ平均株価、NASDAQ総合指数などを思い浮かべる方も多いかもしれない。市場の全体的な傾向を把握し、特定の分野の景況感を知る上でも参考になると言えるだろう。

最近注目されている分野でも、新しい指数が登場するようだ。ベンチャーやハイテク銘柄を多く抱えるNASDAQと、米投資銀行の一つであるKBW(Keefe, Bruyette & Woods)は新たに、FinTechに関連する銘柄を対象にした指数「KBW Nasdaq Financial Technology Index/KFTX」」を開発しているのだ。

同指数は関連企業49社のパフォーマンスの指標となるもので、組み込み企業の時価総額の合計は7,850億ドル(約81兆5,537億円)だ。また、世界で初めてのFinTech専門ベンチマークになるとのことだ。

NasdaqとKBWが開発した「FinTech指数」とは?

「FinTech指数」をさらに詳細に見ていこう。公表されている資料によれば、最新の高度なテクノロジーや金融工学を金融業務に活かし、利益を創出している企業を「FinTech」にカテゴライズ。一部の支店を除いてオンラインで主要業務を完結させている金融企業49社のパフォーマンスから、総合的な動向を把握することが可能になるとのことだ。

また「FinTech企業」により的確に焦点を当てるため、収益源にも注目している様子だ。従来型の非銀行系金融業者とFinTech企業の境界線を明確にするために、融資利息などを主要な収益にしている企業を除外。手数料から主に収益をあげている点も選定の基準になっているという。

ちなみに同指数は2016年7月18日から始まり、季節調整が行われる。また毎年12月の第3金曜日に、組み入れ銘柄の見直しを行う。

「FinTech指数」を開発した狙い

2008年の世界金融危機以降、金融システムの根底が大きく揺らぎ、より効率的で信頼性の高いエコシステムを構築すべく、金融関連業務にテクノロジーを駆使した新時代に突入。

主要分野はビッグデータ、モバイルテクノロジー、ブロックチェーン、クラウドなどに分岐し、瞬く間に年間138億ドル(約1兆 4,336億円/情報源:KPMG、CBインサイト2015年調査)の巨大市場に成長した。

その結果、世界中でFinTechという看板を掲げた企業が急増し、市場は混戦ムードに包まれている。

投資家にとって、FinTech市場の動向や各企業のパフォーマンスを、正確に分析するための指針が必要となることはいうまでもない。

そこで長年ベンチャー投資市場に携わってきたNASDAQと、KBWの金融市場に関する知識と経験を活かすかたちで開発されたのが、この指数である。

FinTech指数への組み入れ企業

NASDAQとKBWによるFinTech企業の選定基準から大手銀行は漏れてしまうものの、米金融関連企業の18%が指数に組み入れられている。同指数では、ITや通信に強い金融企業のベンチマークが可能だと言っていいだろう。

組み入れ企業それぞれを、個別に見てみよう。まずは取引市場で、CME GroupとNasdaqが存在感を放っている。ほかの代表例としては、American Express、MasterCard、Visaといったグローバルな大手決済企業も「FinTech企業」だとみなされている。

電子決済サービスを提供するPayPalとSquare などFinTech企業としてよく言及される企業ももちろん組み入れられている。

ほかにはデータを取り扱う企業としてThomson Reuters、Equifax、Nasdaq、Verisk Analyticsなども並んでおり、金融分野でITや通信、データを中心にビジネスを展開する銘柄を幅広に組み入れている。

主要な勢力となっているこれらの銘柄を、指数化された最新の情報として把握できるということは、投資家にとっては非常に重要な利点となりそうだ。(提供:Innovation Hub

【編集部のオススメ Innovation Hub記事】
「機械学習」と「ディープラーニング」は何が違うのか?
「マストチェック」な中国人FinTech起業家3名
FinTechエコシステムの展開 ―決済編
日本でいえばマネーフォワード・マネーツリー 人気の海外PFMアプリとは
アナリストと自然言語処理レポートは共存できる MUFG FinTechアクセラレータグランプリ ゼノデータ・ラボ 座談会